bnr_w158.jpg

2009年02月24日

携帯電話と洗濯

こんばんは。


最近、仕事が更に忙しくなり、クタクタ状態です。。


さてさて、

携帯電話データってどうしてますでしょうか?


友人・知人の電話番号やメルアド、可愛い我が子の写真など
非常に重要な、まさに


「ミッションクリティカル」


なデータではないかと思います。


では、そんな重要データの取り扱い方法と言えば??

我々の業界で顧客に提案する場合は何を進めますでしょうか?


そうです。


「バックアップ」


です。



実は先週の日曜日に携帯電話を


「洗濯」


してしまいました。。


事実を認識した瞬間の凍りつくような思い・・
繰り返したくないです。。


そんな心の状況と、奇跡が起きるまでの心温まる?


「感動の秘話」


をお楽しみ下さい。




事故発生


 0分:本当に洗濯したのか?事実を否定したくなる。

 5分:やっぱり洗濯してしまったんだと事実を受けとめる。
         
         しばし放心状態

10分:連絡が取れないという事実を伝えるメンバーを思い浮かべ始める。

15分:でも、携帯情報がないと伝える手段が無いことに気がつく。

20分:前に使っていた携帯がないか思い出そうとする。

25分:手帳か何かに記載してあったかどうか思い出そうとする。

30分:携帯も手帳無いことに気がつく。

35分:唯一、携帯番号を記憶している友人に連絡して関係する
友人知人データを送ってもらおうかと考える。

40分:それでも数%しかデータ復旧できないことに気がつく。
         
         しばし放心状態

45分:何とか復活させる方法はないか考え始める。

50分:PCを立上、「携帯_洗濯」でググってみる。
    同じような境遇の人達が非常に多い事、
    復活させる方法も非常に多い事に驚く。

55分:こんな状況なのに、できれば費用をかけずに復活させる方法が
ないか詳細を確認する。

60分:ようするに乾かしきれば使える可能性があることを認識する。


そしてバッテリーなどを外し、我が家の「コタツ」へ入れておきました。


1日目:見た目からも乾いていない。

2日目:見た目乾いている⇒充電器に繋げてみる・・・反応なし。。

         しばし放心状態

3日目:あきらめられず再度、充電器に繋げてみる・・・反応なし。。

         しばし放心状態

4日目:やっぱりあきらめられず再々度、充電器に繋げてみる。。
    おや?
    充電されてるマークが浮かび上がる。
    もしや!?
    電源を入れてみる。

電話番号、メルアド、可愛い我が子の写真データも完全復活したことを
確認し、会社デスクで喚起の声を上げた。




私が考える、復活までのポイントは2点です。

・完全に乾かしきる。

・乾かしきるまで電源は入れない。

(充電器にも繋げない)




携帯だけでなくPCなどに保存されている

写真データなどの重要なデータは

やはり


「バックアップ」


することをお勧めします。




ニックネーム Y&H&E at 01:16| Comment(0) | パパひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする